名も無き詩人の奏でる詩

名前もない詩人が奏でる、ただの詩(うた)です

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

マイニング経過(1日目)

夜間放置の結果

 NiceHashMinerを夜間放置してみましたが、どうもマイニングしていないなかった模様。原因を調べると全く動いてなさそうだったので、まあ、Macfeeのセキュリティソフトを確認してみたところ、マイニング用のコマンドファイルらしきものが削除されていた模様。

 道理で何も増えていないわけだ…

 というわけで、アップデート時もリアルタイムスキャンを切ってアップデートしないとまずそうなことが分かったので、今後は無効にする予定。手順が一個増えてしまい、面倒だが、しょうがない…

追記(SOCKET ERRORの理由)

"SOCKET ERROR - RECEIVE error: socket closed"

というのが出るので調べてみると、NiceHash側で10分間プールにアクセスが無いものは、通信を切ってしまうようで、これを回避するにはPCの性能を上げたほうがいいらしい。ローカルな環境のせいではなくて良かった…

だが、昨晩のマイニングの結果は、それなりに記録されていたが、問題はなさそう???あと、どうも手数料で結構持っていかれるらしいから、CPUマイニングは直接moduleをダウンロードしてきてやったほうがいいみたいですね。

マイニング専用マシンを立ち上げたらやるか…

追記2(マイニングとウィルス対策)

昼間の放置でも、やはり"xmr-stak-cpu"がリアルタイムスキャンで削除されてしまうので、除外設定を調べて、対応。除外設定は意外に簡単だった。

Macfeeを開いて[ウィルスおよびスパイ対策]->[リアルタイムスキャン]->[除外するファイル]->[ファイル追加]で、AppData/Roming/nhm2以下に"xmr-stak-cpu"以下のファイルを全部選択すればOKっぽい。

今晩また、放置してみてどうなることやら…